目次へ  縦書き

一〇五九

〔芽をだしたために〕

一九二七、五、九、

芽をだしたために
大へん白っぽく甘酸っぱくなった山である
 このわづかな休息の時間に
 上層の風と交通するための第一の条件は
 そんな肥った空気のふぐや
 あはれなレデーを
 煙幕でもって退却させることである
   ……川なめらかにくすんでながれ……
 実に見給へ 傾斜地にできた
 すばらしい杉の方陣である
 諸君よ五月になると
 林のなかのあらゆる木
 あらゆるその藪のなかのいちいちの枝
 みなことごとくやはらかな芽をひろげるのである
     川にぶくひかってながれ
退職の警察署長のむすめが
水いろの上着を着て
電車にのって小学校に出勤しながら
まちの古いブルジョア出身の技術者を
少しの厭悪で見てゐたのである
 こゝはひどい日陰だ
 ぎざぎざの松倉山の下のその日陰である
 あんまり永くとまってゐたくない
 けれどもいったい
 これを岩頸だなんて誰が云ふのか