目次へ  縦書き

一〇五八

〔銀のモナドのちらばる虚空〕

一九二七、五、七、

銀のモナドのちらばる虚空
すべて青らむ禁欲の天に立つ
聖く清浄な春の樹の列
   みみづくの頭のかたちした鳥ヶ森の雪なかばとけ
   小くやさしい貴女たちのゆゑに
   雪やなぎひかれば
   すももの花のしたで
   黒衣の童子にまかれる燐酸もひかる
 
雪と青い天とのつらなる尾根が
胆礬でもって染められたのだ
   こっちは田を鋤く馬と白いシャツ
芽をださぬ栗の木の天蓋に
無数におりるガラスの小鳥