目次へ  縦書き

〔あっちもこっちもこぶしのはなざかり〕

一九二七、四、二八、

あっちもこっちもこぶしのはなざかり
 角をも蹄をもけぶす日なかです
名誉村長わらってうなづき
やなぎもはやくめぐりだす
 はんの毬果の日に黒ければ
 正確なる時計は蓋し巨きく
 憎悪もて鍛へられたるその瞳は強し
     小さな三角の田を
     三本鍬で日なかに起すことが
     いったいいつまで続くであらうか
 氷片と光を含む風のなかに立ち
 老ひし耕者もわらひしなれ