目次へ  縦書き

一〇四九

基督再臨

一九二七、四、二六、

風が吹いて
日が暮れかゝり
麦のうねがみんな
うるんで見えること
石河原の大小の鍬
まっしろに発火しだした
 
また労れて死ぬる支那の苦力や
働いたために子を生み悩む農婦たち
またヽヽヽヽ  の人たちが
みなうつゝとも夢ともわかぬなかに云ふ
おまへらは
わたくしの名を知らぬのか
わたしはエス
おまへらに
ふたゝび
あらはれることをば約したる
神のひとり子エスである