目次へ  縦書き

一〇四八

〔いま青い雪菜に〕

一九二七、四、二六、

いま青い雪菜に
うすい春の霜がおりたのであるか
それとも残りのつきしろのやさしい銀のモナドであるか
ひがしは黄ばらのわかひをけぶし
川からは
あたたかな梵天の呼吸が襲ってくる