目次へ  縦書き

一〇四六

〔萱草芽をだすどてと坂〕

一九二七、四、二四、

萱草芽をだすどてと坂
肥つけ馬がはねるはねる
青びいどろの天のなかへ
龍になってのぼらうとしてゐるのだらう
その肥一つ日にこぼれ
木綿角縞の袍を着た
歴山忠一押へる押へる押へる
  マグノリアの花と陽の淡彩