目次へ  縦書き

一〇四五

〔桃いろの〕

一九二七、四、二四、

桃いろの
アガーチスな春より少しおくれて
ぼんやりした黄いろの巨きな鳥がやってきた
それはそこいらのまだつめたい空間に
光るペッパーの点々をふりまき
またひとびとの粗暴なちからを盗みあつめて
ちやうど太陽に熟した黄金の棘ができるころ
東の方へ飛んで行ったのだ
さうして
この歳はもうみんなには
仕事のなかに芸術を感じ得る
その力強さが喪はれてゐた