目次へ  縦書き

一〇三九

〔午前の仕事のなかばを充たし〕

一九二七、四、一八、

午前の仕事のなかばを充たし
わたくしは旅程を了へたヂプシーのやうに
かつぎを風になぶらせながら
ベムベロもゆれ
浅黄いろした春の川べにねころばう
     かれ草と影と
スノードンの峯は
春になってから二度雪が消えて
二度雪が降り
いまあはあはと土耳古玉のそらにかすんでゐる
あすこの谷で
アスティルベダビデの樹液が
もう融けだしてゐるだらう
東へ翔けるうるんだ雲のかたまりを見れば
ショーの階級に属する
     そのうつくしい女の考が
         夢のやうにぼんやり伝はってくる
  顫へて鳴るのは
  枯草だらうか、
  響尾蛇でなくても
  蛇はよくその尾を鳴らし得る