目次へ  縦書き

一〇三八

疑ふ午

一九二七、四、一三、

きみははっきり
あの白い円い像を
あの正南のそらに見たのか
あすこらの雲がひどくひかってゐたぐらゐでは
午といふ証拠に不足だらう