目次へ  縦書き

一〇三三

悪意

一九二七、四、八、

夜の間に吹き寄せられた黒雲のへりが
潜んだ太陽に焼けて凄まじい朝になった
今日の設計には
あの悪魔風の鼠と赤とを使ってやらう
口をひらいた魚のかたちのアンテリナムてこさえてやらう
いまにあすこはみんな魔窟にかはるのだから
その斜面に居て仕事をしたら
風がさむく
陽もいちにち薄いだらうけれども
ゆふべみぞれが降らなかっただけ得をしたのだ