目次へ  縦書き

一〇二七

雑草

四、五、

うごかなければならなくて
ホーはひとりでうごいてるのだ
何といふりっぱなぢしばりだ
羽衣甘藍のやうに紫銅色で
その葉もみんな尖ってゐる
ブリキいろした牛蒡やちさで
も一つちがった図案をこゝにこさえるために
わたくしはいまこの夢のやうに縁辺をまばらにやす
豪華なアラベスクを削ってゐる
このことに就てわたくしは
あらゆる聖物毀損の罪に当らう
その償ひにこんどこいつを
どこかのローマンテックなローンに使はう
その黄金の針金でできる皿がたの花を
そこいちめんに展げさせやう
    雲のくらさと
    砂の明るさ
いま鷺がどこかの洲に降りてゐる