目次へ  縦書き

一〇二六

〔けさホーと縄とをになひ〕

四、四、

けさホーと縄とをになひ
新らしくつくった泥よけを穿いて
十字軍の騎士のやうに
白い頁に接吻して別れ
壁の上に影も残して
さわやかな風といっしょに出て来たのだが
いまは耕土も暗くて熱く
まなこをあげれば
燃えつきて痛む瞳に
水増す川と
尾を曳く雲にまぶれるけむり
綾だち酸えたこのひるすぎの
世界はみんな
青いいろした脂肪酸ではなからうか