目次へ  縦書き

一〇二四

ローマンス

四、二、

そらがまるっきりばらいろで
そこには一本若いりんごの木が立ってゐる
    Keolg
     Kol. おやふくらふがないてるぞ

山の上の電燈から
市街の寒天質アガーチナアスな照明まで
    Keolg
     Kol. わるいのでせうか

 黒いマントの中に二人は
 青い暈環を感じ
 少年の唇はセルリーの香
 少女の頬はつめくさの花
    Keolg  ぼく永久に
     Kol.   あなたへの忠節をちかひます