目次へ  縦書き

一〇二三

〔南から また東から〕

一九二七、四、二、

南から
また東から
ぬるんだ風が吹いてきて
くるほしく春を妊んだ黒雲が
いくつもの野ばらの藪を渉って行く

 ひばりと川と
 台地の上には
 いっぱいに種苗を積んだ汽車の音