目次へ  縦書き

一〇二二

〔根を截り〕

一九二七、四、一、

根を截り
芽を截り
朝日と風と
春耕節の鳥の声
 
土の塊りはいちいちに影
三れつ青らむクリスマスツリーに
青ぞらひかれば
聖重挽馬が
いつかこっそりうしろのはたけに立ってゐる
そのまっ白な脚毛