目次へ  縦書き

一〇一九

〔遠くなだれる灰いろのそらと〕

三、廿八、

遠くなだれる灰いろのそらと
歪んだ町の広場のなかに
わたくしはこみあげるかなしさを
青い神話としてまきちらしたけれども
小鳥らはそれを啄まなかった