目次へ  縦書き

一〇一六

〔黒つちからたつ〕

一九二七、三、二六、

黒つちからたつ
あたたかな春の湯気が
うす陽と雨とを縫ってのぼる
   ……西にはひかる
     白い天のひときれもあれば
     たくましい雪の斜面もあらはれる……
きみたちがみんな労農党になってから
それからほんとのおれの仕事がはじまるのだ
   ……ところどころ
     みどりいろの氈をつくるのは
     春のすゞめのてっぽうだ……
地雪と黒くながれる雲