目次へ  縦書き

一〇一四

〔山の向ふは濁ってくらく〕

一九二七、三、二三、

山の向ふは濁ってくらく
もう恐慌パニックが春といっしょにやってゐる
 
野はらはまだらな磁製の雪と
黝ぶり滑べる 夜見来川
 
  みんなに明るく希望に充ち
  わたくしに暗く重い仕事が
  そこでまもなく起らうとする
 
鳥は雷気や
巨きな雲の尾を恐れない