目次へ  縦書き

一〇一一

〔ひるすぎになってから〕

一九二七、三、一九、

ひるすぎになってから
東のぞらはうす甘く赤くなり
そこにたくさんの黒い実をつけたはんの梢や
古風な松の森が盛りあがったのです
  ……ひはうつくしい
    孔雀石いろに着飾って
    あえかな雪を横切った……
みみづくの頭の形した鳥ヶ森もひかり
    テーブルランド テーブルランド
凍ったその小さな川に沿って
いくつものさびしい雪のテレースが
日の裏側を
木のないとがった岩頸までつゞけば
天の焦点は雪ぐもの向ふの白い日輪
    つらなる黒い林のはてに
    また亜鉛いろの雪のはてに
    ノスタルヂヤ農学校の
    ほそ長く白い屋根が見える