目次へ  縦書き

一〇〇八

〔赤い尾をしたレオポルドめが〕

三、一六、

赤い尾をしたレオポルドめが
また鶏をとらうとして
田圃の雪をはしっていく
    山は吹雪のうすあかり
松の林の足なみに
麻睡をかけてレオポルドめが
せわしくひとりくぐって行く
    林はうすい冠毛コロナをかぶる
ちゞれて酸えた北の雲