目次へ  縦書き

〔いろいろな反感とふゞきの中で〕

三、一六、

いろいろな反感とふゞきの中で
いつ東の雲はうるんで甘く
クレオソートを塗られた電しんばしらも鳴り
町の上では
赤れん瓦の農業倉庫も
黒い陸橋も
はげしい風の火も燃える