目次へ  縦書き

一〇〇六

〔こんやは暖かなので〕

三、一五、

こんやは暖かなので
この坂みちの
淡い月光にひかる石ころの間を
夜どほし
雪どけの水がながれるのだ
  ……氷の雲とひばの列……
その振作の大きな木小屋は
北側の屋根がなくなったのか
そらのうつろが映ってゐるのだ
   (ばらを十五本植えた
    そのばらが芽を出さない)