目次へ  縦書き

一〇〇三

〔ソックスレット〕

一九二七、二、

    ソックスレット
    光る加里球
    竝んでかゝるリービッヒ管
みんなはどこへ行ったのだらう
暖炉が燃えて
黄いろな時計はつまづきながらうごいてゐる
 塩酸比重一・一九(ワ゛セリンを持って来てください)
 タンニン定量用
 c.
 n        (今日はそのエーテルを全部
 o アルコール   回収してしまってください)
 C
このレッテルはわたくしの字だ
十年前のごくおぼつかないわたくしの字だ
けれどもこんなに紙が白くて
蝋も塗られてゐないのは
やっぱり誰か相似形の一つが
つめたい風にはあはあ息をつきながら
一生けん命ねらって書いたに相違ない
  ……雪の反射とポプラの梢……
よくまあこんなうすいろの陰暗だの
がさつな藪にかこまれながら
感量〇・〇〇〇二といふ風な
こまかな仕事をしてゐるもんだ
  ……そらをかけてゐるものは
    オーパルの雲か
    それとも近い氷のかけらの系列か……
風がふけば
またひとがあるけば
目盛フラスコの
そのいちいちの色異った溶液が
めいめいきれいにひかってゆれる
  ……色のついた硝酸がご用ですか……
  ……いゝえ わたくしの精神がいま索ねて居ますのは
    水に落ちた木の陰影の濃度を測定する
    青い試薬がほしいんであります……
ぎらぎら砕けるポプラの枝と雲の影