目次へ  縦書き

一〇〇一

汽車

一九二七、二、一二、

         プラットフォームは眩ゆくさむく
         緑いろした電燈の笠
         きららかに飛ぶ氷華の列を
         ひとは偏狭に老いやうし
         汽車近づけば
         その窓が Ice-fern で飾られもしやう
 
車のなかはちいさな塵の懸垂と
そのうつくしいティンダル現象
    日照はいましづかな冬で
    でんしんばしらや建物や鳩
 
         かゞやいて立つ氷の樹
         青々けぶる山と雲
         髪をみだし
         黒いネクタイをつけて
         朝の汽車にねむる写真師
 
……これが小さくてよき梨を産するあの町であるか……
……はい閣下、今日は多量の氷華を産して居りまする……
……それらの樹群はみなよき梨の母体であるか……
……はい閣下 あれは夏にはニッケル鋼の鏡をつるす
  はんの木立でございます……
……この町の訓練の成績はどうぢゃ……
……はい閣下 寒冷ながら
  水は風より より濃いものと存じます……
 
         けむりは凍えていくつもにちぎれて
         松の林に落ちこむし
         アカシヤの木の乱立と
         女のそのうつくしいプロファイル
    もう幾百 目もあやに
    風や磁気に交叉する電線と 〔以下空白〕