目次へ  縦書き

三原 第一部

一九二八、六、一三

ぼんやりこめた煙のなかで
澱んだ夏の雲のま下で
鉄の弧をした永代橋が
にぶい色した一つの電車を通したときに
もうこの船はうごいてゐた

     しゅんせつ船の黒い函
     赤く巨きな二つの煙突
     あちこちに吹く石油のけむり
     またなまめかしい岸の緑の草の氈


     この東京のけむりのなかに
     一すじあがる白金ののろし
        東は明るく
     幾箇はたらくその水平な鉄の腕
うづまくけむりと雲の下
浜の離宮の黒い松の梢には
鶴もむれまた鵝もむれる
     きらきら光って
     船から船へ流れて落ちる黒炭の屑
     へさきの上でほのほも見えずたかれる火

西はいま黒鉛のそら
いくすじひかる水脉のうね
ガスの会社のタンクとやぐら
しづかに降りる起重機の腕



中の台場に立つものは
低い燈台四本のポール
三角標にやなぎとくるみ
緑の草は絨たんになり
南西はひかる草穂なみ
 その石垣のふもとには
 川から棄てた折函やヽヽヽ

 向ふからいまひかって来るのは
 小く白いモーターボートと
 ひきづなにつゞく
        九隻の汽船

次の台場は草ばかり
またその次は草も剥ぎ
黄土あらはに楊も見えず
うしろはけぶる東京市
ことにも何かヽヽヽの
その灰いろの建物と
同じいいろの煙突そらにけむりを吐けば
   そのしたからもくろけむり

早くも船は海にたちたる鉄さくと
鉄の門をば通り抜け
月光いろの泡をたて
アクチノライトの水脉をも引いて
砒素鏡などをつくりはじめる
   品川の海
   品川の海

甘ずっぱい雲の向ふに
船もうちくらむ品川の海
海気と甘ずっぱい雲の下
なまめかしく青い水平線に
日に蔭るほ船の列が
夢のやうにそのおのおののいとなみをする

  ……南の海の
    南の海の
    はげしい熱気とけむりのなかから
    ひらかぬまゝにさえざえ芳り
    つひにひらかず水にこぼれる
    巨きな花の蕾がある……