目次へ  縦書き

神田の夜

一九二八、六、一九、

十二時過ぎれば稲びかり
労れた電車は結束をして
遠くの車庫に帰ってしまひ
雲の向ふであるひははるかな南の方で
口に巨きなラッパをあてた
グッタペルカのライオンが
ビールが四樽売れたと吠える
    ……赤い牡丹の更紗染
      冴え冴え燃えるネオン燈
      白鳥の頸 睡蓮ロトスの火
      雲にはるかな希望をのせて
      いまふくよかにねむる少年……
雲の向ふでまたけたたましくベルが鳴る
ベルがはげしく鳴るけれども
それも間もなくねむってしまひ
睡らないのは
重量菓子屋の裏二階
薄明 自働車運転手らの黄いろな巣
店ではつめたいガラスのなかで
残りの青く澱んだ葛の餅もひかれば
アスティルベの穂もさびしく枯れる
         χ八乗マイナスyの八乗を
         ぼくが分解したらばさ
         残りが消えてχマイナスyが12になったので
         すぐ前の式から解いたらさ
         χはねえ、
            顔の茶いろな子猫でさぁ
         yの方はさ、
         yの方はさ
            自転車の前のラムプだとさぁ……
いなづまがさし
雨がきらきらひかってふれば
ペーヴメントも
道路工事の車もぬれる
    ……そらは火照りの
      そらは火照りの……
        (二十年后の日本の智識階級は
         いったいどこにゐるのであらう)
        Are you all stop here ?
           said the gray rat.
        I don't know.
               said Grip.
        Gray rat = is equal to Shuzo Takata
        Grip equal ……
        Grip なんかどうしてもとてもぼくだけでない
    さうです夜は
    水色の水が鉛管の中へつまってゐるのです
    ぼくとこの先生がさぁ
    日本語のなかで英語を云ふときは
    カナで書くやうごくおだやかに発音するとさう云ってたよ
湯屋では何か
アラビヤ風の巨きな魔法がされてゐて
夜中の湯気が行きどこもなく立ってゐる
 
  シャツはみんな袖のせまいのだけなんだよう
  日活館で田中がタクトをふってゐる