目次

〔われら黒夜に炬火をたもち行けば〕

われら黒夜に炬火をたもち行けば
余燼はしげく草に降り
……みだるゝ鈴蘭の樹液その葉のいかに冴ゆるかも……
その熔くるがごとき火照りに見れば
木のみどり岩のたちまひ
……余燼よしげく草に降り……
たゞならずしていとゞ恐ろし