目次へ  縦書き

〔十いくつかの夜とひる〕

十いくつかの夜とひる
患んでもだえてゐた間
寒くあかるい空気のなかで
千の芝罘白菜は
はぢけるまでの砲弾になり
包頭連の七百は
立派な麺麭の形になった
あゝひっそりとしたこの霜の国
ひっそりとしたすぎなや砂
しかも向ふでは川がときどき、
不定な湯気をあちらこちらで爆発させ
残丘モナドノックの一列も
雪を冠って青ぞらに立つ
病んでゐても
或ひは死んでしまっても
かういふ風に川はきれいに流れるのだ
白菜の膨れた葉脉の間には
氷の粒が填ってゐて
緑いろした鎧の片のやうでもある