目次へ  縦書き

花鳥図譜十一月

  東北菊花品評会 於盛岡


(ぜんたい色にしてもです
 何か昔の木版本に
 白とか黄とか正色だけを尊ぶなんとありますと
 もうそれ一つが金科玉条
 いつまでたってもその範疇を抜けきれない
 こんなことではだめですな
 まはりがどんどん進んで居って
 女子供が紐を一本選ぶにも
 じぶんの個性を考へるなんといふ場合
 菊の花だけ
 白は紙のいろ黄は藁の色では
 とても話になりません
 むしろどんどんこういふ場合
 進んだ間色を等賞に入れて
 刺戟しないとなりません)
(いや全くでございます)