目次へ  縦書き

装景者

さう、
やまつゞじ!
栗やこならの露にまじって
丘いっぱいに咲いてくれたが、
それも相当咲きほこったるすがたであるが
さあきみどうしたもんだらう

なによりもあの冴えない色だ
朱もあすこまで没落すると
もしそちこちにのぞき出た
赭土にさへまぎれてしまふ

どうしてこれを(以下空白)