目次へ  縦書き

稲熱病

稲熱に赤く敗られた稲に
みんなめいめい影を落して
ならんで畔に立ってゐると
浅黄いろした野袴をはき
蕈の根付を腰よはさむ
七十近い人相もいゝ竹取翁、
しかも西方ほの青い夏の火山列を越えて
和風が絶えず嫋々と吹けば
シャツの袖もすゞしく
みんなの胸も閑雅であるが
恐らく半透明な黄いろの胞子は
億万無数東方かけて飛んでゐるので
風下の百姓たちは
はやくもため息をついて
恨めしさうに翁をちらちら見てゐるのだ
この田の主はふるえてゐる
胸にまっ黒く毛の生えた区長が
向ふの畔で
厚い舌を出して唇をなめて
何かどなりでもしさうなのだ
そらでは幾きれ鯖ぐもが
きらきらひかってながれるのだ
これが烈々たる太陽の下でなくて
顔のつらさもはっきり知れない月夜ならば
百姓たちはお腹が空いたら召しあがれえといふ訳で
翁は空を仰いで得ならぬ香気と
天楽の影を慕ふであらうし
拙者もいかに助かることであらう