目次へ  縦書き

牧馬地方の春の歌

風ぬるみ 鳥なけど
うまやのなかのうすあかり
かれくさと雪の映え
野を恋ふる声聞けよ
白樺も日に燃えて
たのしくめぐる春が来た
わかものよ
息熱い
アングロアラヴに水色の
羅紗を着せ
にぎやかなみなかみにつれて行け
     雪融の流れに飼ひ
     風よ吹き軋れ青空に
     鳥よ飛び歌へ雲もながれ
水いろの羅紗をきせ
馬をみなかみに連れて行けよ