目次へ  縦書き

展勝地

     ※

ほこりの向ふのあんまり青い落葉松(ラリックス)、
青すぎることは陰うつで却っていやに見える。
そらはいよいよ白くつめたくて、
みんなはずゐぶん気が立ってあるいてゐる。

     ※

風と散漫、風と散漫、
いまはその安山集隗岩の、
けはしく鋭い崖の上に、
雲を濾された少しの日光がそゝぎ
風は頁をひるがへし、
みんなの踏んで行く砂は、
天の河のその明るい砂だ。

     ※

砂の上に雲の影がある。
それは影ではなくて、
やっぱりくらい色の砂だ。
「桜羽場君、そこはだめだ。
 あなたは風邪も引いてるから、
 そんなところに座ってゐると、
 ついぐらぐらして陥ちるかもしれない。
 ははん、
 それは物理的には落ちない筈だけれども、
〔以下原稿なし〕