目次へ  縦書き

盛岡停車場

汽車の中は水色だ。
そして乾いてゐるらしい。
窓のガラスに額を寄せ
お前さんはあんまり大きな赤い苹果に
皮ごとバクッと喰ひつきます。
(おい、あんまりきろきろ見るない。)
えゝ、あの口はひからびてました。
何だか私は泣きたいのです。
それから変なあわてたものが、
あの口のまはりに一杯集ってゐたのです。
(何だ、つまらん、北海道から
 どこかへ帰る馬の骨。)
それから、こちらでは
あなたはべんたうをお買ひになるのですか、
あるほどそれはんももっともです。
どうです、辨当はおいしいですか。
汽車が発ってからおはじめなさい。
けれどもガラスの粗末な盃は
大へんに光って気の毒ではありませんか。
もう汽車が出ます。
(えゝと、どこの何やらあなた方は。)
どうせ今夜は汽車でお泊りでせう。
それではさよならお大事に。
ふりさけ見れば、
ふりさけ見れば、
落魄れかゝる青山を背負ひ
ひとりいらだつアークライトと
ペンキで描いた広告の地図に
向ふ見ず衝き当る生意気の小鳥。