目次へ  縦書き

〔穂を出しはじめた青い稲田が〕

穂を出しはじめた青い稲田が
つかれのなかに怱忙と消え
縮れてひかる七月の雲や
組合小屋の亜鉛のやねから
さわやかな rice marsh のひるすぎを
町へ芝居の脚本をとりに行く
組合主事は雲鶴声と名のり
傘松やはやくもわたる秋の鳥
あるひははるかなすみのはてに
あいなくそびえる積雲の群
まっしろなそらと
いま穂を出したすゝきの波と
B. Gant Destupago は大きな黒の帽子をかぶり
Faseloはえりおりの白いシャツを着て
Rakeをかついであとから行く
酸性土壌で草も育たぬのに
小松はたいへん荒っぽく
その針痛い野はらです
あゝひるすぎのつかれのなかに
むしろ寒天風にもけぶり
むしろ液体状にも青く
朦朧として過ぎて行く
線路の岸の萱むらです