目次へ  縦書き

〔あゝそのことは〕

あゝそのことは
どうか今夜は云はないで
どうか今夜は云はないでください
半分焼けてしまった肺で
からくもからくも
炭酸を吐き
わづかの酸素を仰ぐいま、
どうしてそれがきめられませう
あゝそのことは
健康な十年の思索も
ついに及ばぬものなのです
その爆弾が
わたくしの頭の中でまっしろに爆発すれば
そこに湧くはげしい熱や
血を凍らせる悪瓦斯を
もうわたくしははきだすことも
洗ひ去ることもできないのです