目次へ  縦書き

鮮人鼓して過ぐ

肺炎になってから十日の間
わたくしは昼もほとんど恍惚とねむってゐた
さめては息もつきあえず
わづかにからだをうごかすこともできなかったが
つかれきったねむりのなかでは
わたくしは自由にうごいてゐた
まっしろに雪をかぶった
巨きな山の岨みちを
黄いろな三角の旗や
鳥の毛をつけた槍をもって
一列の軍隊がやってくる