目次へ  縦書き

〔雲影滑れる山のこなた〕

雲影滑れる山のこなた
樺の林のなかにして
黒きはんかち頸に巻きし
種蓄場の事務員と
エプロンつけしその妻と
楊の花のとべるなかに
まぶしげに立ちてありしを
赤靴などはき
赤き鞄など持ち
また炭酸紙にて記したる
価格表などたづさえて
わが訪ひしこそはづかしけれ
今年はすでに予算なければ
来年などと云ひしこと、
山にては雲かげ次々すべり
楊に囲まれし
谷の水屋絶えずこぼこぼと鳴れるは
げにわがいかなるこゝろにて
訪はゞ心も明るかりけん。