目次へ  縦書き

〔かの iodine の雲のかた〕

かの iodine の雲のかた
三番厩に用ありと
おとめはさきに行きけるを
いまこの道をもどり来て
柳の絮はしきりに飛び
松の風鳴れども
おとめが去りしかなたには
雲ひっそりと音もなく
山の茶褐の脈の上を
雲影次次すべり行けり。
あゝ俄かにもその緑なる
まぐさの丘の天末線より
赤又青の巾したる
おみな鎌をたづさへて
あらはれ出でぬ