目次へ  縦書き

〔融鉄よりの陰極線に〕

融鉄よりの陰極線に
なかば眼を廢しつゝ
薄暮とさびしき竹の風のなかに
耳を尖らしうちゐる技師の
まこと不遇にあらざりせば
畳まざるらんあやしき皺
嘲けるごとくその唇を囲みたらずや