目次へ  縦書き

〔南方に汽車いたるにつれて〕

南方に汽車いたるにつれて
何ぞ泣くごとき瞳の数の多きや
そは辛酸の甚しきといふのみにはあらず
北方に自然のなほ慰むるものあり
南方にたゞ人の冷きあるのみ