目次へ  縦書き

〔かくばかり天椀すみて〕

かくばかり天椀すみて
緑なる朝のなかを
馬ひきて重き荷かたげ
さては白き麻の上着に
寛雅なる恋をかたりて
ひとこゝをすぐると云へや