目次へ  縦書き

〔他の非を忿りて数ふるときは〕

他の非を忿りて数ふるときは
さながら大なる鬼神のごとく
わづかに身の非を思へるときは
母そのうなゐを見るにも似たり