目次へ  縦書き

〔友だちと 鬼越やまに〕

友だちと
鬼越やまに
赤銹し仏頂石のかけらを
拾ひてあれば
雲垂れし火山の紺の裾野より
沃度の匂しるく流るゝ