目次へ  縦書き

     十月廿日(この夜半おどろきさめ)


この夜半おどろきさめ
耳をすまして西の階下を聽けば
ああまたあの兒が咳しては泣き
また咳しては泣いて居ります
その母のしづかに教へなだめる聲は
合間合間に絶えずきこえます

あの室は寒い室でございます
昼は日が射さず
夜は風が床下から床板のすき間をくぐり
昭和三年の十二月
私があの室で急性肺炎になりましたとき
新婚のあの子の父母は
私にこの日照る廣いじぶんらの室を與へ
じぶんらはその暗い
私の四月病んだ室へ入つて行つたのです
そしてその二月
あの子はあそこで生まれました
あの子は女の子にしては心強く
凡そ倒れたり落ちたり
そんなことでは泣きませんでした
私が去年から病やうやく癒え
朝顔を作り菊を作れば
あの子もいつしよに水をやり
時には蕾ある枝もきつたりいたしました
この九月の末私はふたたび東京で病み
向ふで骨にならうと覺悟してゐましたが
こたびも父母の情けに歸つて来れば
あの子は門に立つて笑つて迎へ
また梯子から
 お久しぶりでごあんすと
聲をたえだえ叫びました
ああいま熱とあえぎのために
心をととのへるすべをしらず
それでもいつかの晩は
 わがないもやと言つて
ねむつてゐましたが
今夜はただただ咳き泣くばかりでございます

ああ大梵天王
こよひはしたなくもこころみだれて
あなたに訴へ奉ります
あの子は三つではございますが
直立して合掌し
法華の首題も唱えました
如何なる前世の非にもあれ
ただかの病かの痛苦をば
私にうつし賜はらんこと