目次へ  縦書き

     (その恐ろしい黒雲が)


その恐ろしい黒雲が
またわたくしをとらうと来れば
わたくしは切なく熱くひとりもだえる
北上の河谷を覆ふ
あの雨雲と婚すると云ひ
森と野原をこもごも載せた
その洪積の台地を戀ふと
なかばは戯れに人にも寄せ
なかばは気を負つてほんたうにさうも思ひ
青い山河をさながらに
じぶんじしんと考へた
ああそのことは私を責める
病の痛みや汗のなか
それらのうづまく黒雲や
紺青の地平線が
またまのあたり近づけば
わたくしは切なく熱くもだえる
あゝ父母よ弟よ
あらゆる恩顧や好意の後に
どうしてわたくしは
その恐ろしい黒雲に
からだを投げることができやう
ああ友たちよはるかな友よ
きみはかがやく穹窿や
透明な風 野原や森の
この恐るべき他の面を知るか