目次へ  縦書き

     (巨なるどろのもとにて)


巨なるどろのもとにて  水落しはねあがれるは
式古き水きねにこそ

おぼろにも鈴の鳴れるは  その家の右袖にして
まどろめる馬の胸らし

廐肥の束七十ばかり  月しろに並べ干されぬ
ひともまたうまいすらしを

きねはまた月のかけらを  ぼそぼそに落してあがり
鈴の音やゝ明らけし