目次へ  縦書き

     氷上


月のたはむれゆるころ  氷は冴えてをちこちに  さゞめきしげくなりにけり

をさけび走る町のこら  高張白くつらねたる  明治女塾の舎生たち

さてはにはかに現はれて  ひたすらうしろすべりする  黒き毛剃の庶務課長

死火山の列雪青く  よき貴人の死蝋とも  星の蜘蛛来て網はけり