目次へ  縦書き

     橋場線七っ森下を過ぐ


鶯宿はこの月の夜を雪ふるらし  黒雲そこにてたゞ亂れたり

七っ森の雪にうづみしひとつなり けむりの下を逼りくるもの

月の下なる七っ森のそのひとつなり  かすかに雪の皺たゝむもの

月をうけし七っ森のはてのひとつなり  さびしき谷をうちいだくもの

月の下なる七っ森のその三つなり  小松まばらに雪を着るもの

月の下なる七っ森のその二つなり  オリオンと白き雲とをいたゞけるもの

七っ森の二つがなかのひとつなり  鑛石など堀りしあとのあるもの

月の下なる七っ森のなかの一つなり  雪白々と裾を引くもの

月の下なる七っ森のその三つなり  白々として起伏するもの

七っ森の三つがなかの一つなり  貝のぼたんをあまた噴くもの

月の下なる七っ森のそのはての一つなり  けはしく白くかど立てるもの

稜立てる七っ森のそのはてのもの  旋り了りてまこと明るし