目次へ  縦書き

     崖下の床屋


あかりをれし古かゞみ  客あるさまにみまもりて
唖の子鳴らすから

かゞみは映す崖のはな  ちさき祠に蔓垂れて
三日月凍る銀斜子なゝこ

いてたつ泥をほとほとと  かまちにけりて支店長
玻璃戸の冬を入り来る

のれんをあげて理髪技士  白き衣をつくろひつ
弟子の鋏をとりあぐる